介護福祉士の派遣と求人バランス

高齢化社会が加速しつつある現在、介護福祉士のお仕事が社会的にも注目を集めて久しいわけですが、実際に一念発起して資格を取ったという皆さん、しっかりお仕事に就けているでしょうか。資格取得者が年々増加しているにもかかわらず、彼らを受け入れる体制が実は立ち遅れていたのが残念な現状でして、介護福祉士の派遣のシステム強化が叫ばれているというわけです。

介護福祉士の派遣に限らず、適材適所ということが、今の世の中なかなかままなりません。せっかく資格を取ったのに、居住地の最寄に求人先がうまく見つけられない、というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。ハローワークにしても、公共の人材センターにしても、どうもフットワークが思わしくないというのか、ベストマッチングの職場を得るのは至難の業です。これは介護福祉士に限ったことではありませんね。

ハローワークですと、すでに資格を取得した人や、ある程度経験を積んだ人が優先的に職を得るわけですが、それではいつまでたっても、初心者、資格を取りたての人が経験を積むことが出来ません。また、これから資格を取りたい、働きながら資格を取りたいという人にとってもニーズを満たしているとは言えないでしょう。介護福祉士の派遣をサポートする企業の中には、そうした資格取得を目指す人への支援も行っているところが増えてきています。

介護福祉士の資格も経験もあるけれど、一度退職して他県に転出した、といった人も多いのではないでしょうか。結婚を機に退職して子育てに専念されていた方とかですね。こういう人がいざもういちど現場に復帰しようとしても、新しい土地でなかなかよい職場が見つからないといったことも多いのではないでしょうか。介護福祉士の派遣も扱っている人材支援サイト、派遣支援サイトなどを利用すれば、最高の条件で最寄りの求人先を探すことが可能です。パートでの募集を行っているという事業所も増えているようです。

これから介護福祉士を目指す人にはまさに今が追い風の時です。たしかにきつい職業ではありましょうが、使命感と充実感は他の職業の比ではありませんし、これからますます求められる人材であることは間違いありません。特に先行き不透明な日本経済の中で、比較的求人先が安定、あるいは増加傾向にあるのは介護関係であると言って過言でないでしょう。つまり、介護福祉士の派遣は要注目、なのです。

↑ ページの上部へ